ニュース詳細

2017.04.16 11:30

”名物かに山”のかにが逆さま置きなワケ

よく見てみるとカニ山のほとんどのカニは、甲羅を下にして

お客様の来店を待っています。

「なんで、逆さまに置いてあるの?」とよく聞かれます。

不思議ですよね。見た目は、甲羅を上にしたほうが良いのに。

積み上げたいから…ではないんです。では、なぜか?

《かにの水分が抜け落ちないように甲羅を下にしています》

紅ずわいがには、とても水分が多くみずみずしいカニなんですが、

甲羅を上にして置いておくと、カニの水分が全て抜け落ちてしまうんです。

肉汁が無くなって、ぱさぱさになってしまうお肉みたいなものですね。

なので、境港から直送されてくるカニたちも全員逆さまで東京につきます。

そのまま、カニ山でも甲羅を下にされてしまうので、唯一甲羅を上に

出来るのは、お客様に取っていただき食べられるまでの間だけなのかもしれませんね。

そんな、美味しい紅ずわいがにが、なんと!丸ごと食べ放題な「出雲かに御縁」

今日もランチから元気に営業しています♪